Anime

人を喰らう一族 進撃の巨人のモデル

TTY

15世紀ごろにスコットランドにいたアレクサンダー・ソニー・ビーンは一族を率いて多数の人間を殺害し、その肉を食べて生きていた人物がいた。

漫画、アニメの「進撃の巨人」のモデルになったと言われている。

作中でもハンジが巨人に「ソニー」「ビーン」と名付けている。

始まり

14世紀後半に生まれたビーンは、若いころ日雇い労働で暮らしていたが、怠惰で粗暴な性格だったため、労働を嫌い家を飛び出し、性悪な女性と出会い、バナーンヘッド海岸の洞窟で暮らすようになったのだ。

 労働を嫌った2人は、日々の生活のために、通りかかる旅人を襲い、金品を強奪することで食料品を購入したりしていた。その時に、自分たちの犯行や存在がバレないようにするために必ず殺して、死体を洞窟に持ち帰ったという。

 生きるための食料が不充分であったり、足がつく恐れもあり、飢えに迫られた彼らは人間の肉を食べ始めたのだ。

 大家族

 ビーンと妻は性欲が旺盛で、男8人、女6人の子を儲け、さらにその子供たちは、近親相姦を繰り返し、男18人、女14人を産んだという。最終的には、約50人の家族になったという。

 子供たちは、教育を受けなかったので、言葉もしっかりと喋れなかったが、旅人を取り逃すことなく殺害したり、解体して食料に加工する技術(干物、海水につけて保存など…)を学んで、普通の食べ物ではなく、人肉を食料にしたそうだ。

定かではないが、彼らに殺された人は、30人〜40人、300人以上、1500人以上という説がある。

処刑

 ビーンの一族は、25年に渡って犯行に及んだが、旅人を襲うときに1人を取り逃してしまい、事件を重くみたスコットランド国王のジェームズ1世が兵を400人率いて逮捕に向かった。見つけにくかった洞窟だったが、猟犬が匂いを嗅ぎつけ一族は捕縛された。

洞窟内からはおびただしい数の人骨や人肉が見つかったそうだ。

ビーン一族の所業は残酷極まりなかったため、裁判は行われず、全員が極刑になった。

男は両手両足を斧で切断され失血死するまで放置され、女はその様子を見せれられた後に火炙りにされたそうだ。

人の肉はどんな味がするんでしょうか?個人的にすごく気になりますww

でも人は男と女2人いれば繁栄していけることがこれで証明できていますね。

今日のTopicは以上です。明日誰かに話してみてねw

スポンサーリンク
ABOUT ME
ゴン(Gon)
ゴン(Gon)
すぐTopi
世の中でインプットした情報をアウトプットするために、ブログを始めました。
全ての人が笑顔になる世の中を。
記事URLをコピーしました